お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

電話 0254-53-8810

村上市松原町1丁目8-10

Welcome!

お知らせ 講師のひとこと

日常英会話表現:154 ~講師のひとこと~

投稿日:

みなさん、こんにちは 😀
村上市、松原町英語英会話教室の講師、川崎です。

さて今回も、Eテレ語学番組からの色々な英語表現をご紹介します 😉
まずは「もっと伝わる! 即レス英会話」から。

fault は「過失・誤り・責任」などの意味があります。
相手に対する気遣いの一言ですね✨


I'm sorry. の真ん中に so や really をつけると
「ホント~~~にごめんなさい‼」というニュアンスになります。


ここでの what は「何」という疑問詞ではありません。
「~なこと」という使い方をします。
I don't know what you mean. で
「あなたが言っていること、わかりません」となります。


「ふざけている」だけでなく、「ウソでしょ⁉」とか「からかってんの?」
などと言いたいときにも使える表現です。
同じ意味で、他に Are you serious? もあります。
これに対して、「いいや、ふざけてないよ」なら
No, I'm not. で👌
「うん、冗談だよ」と返す場合は、Yes, I'm just kidding. など😊


reps は repetitions の略で「くり返し」の意味です。
このコーチ、鬼ですね😣


mood が「気分」ですね💡
気が乗らない誘いを、やんわりと断るときに便利なフレーズです。


「聞いたことないなぁ」=「知らない」ですネ😉
映画や本のタイトル、レストラン名などを聞いたときに
I don't know. と言うより柔らかいニュアンスになります。


こちらは、丁寧な言い方の誘いの表現ですね。
カジュアルに言う場合は、
Do you want to go with me? になります。

そして会話に欠かせないのが相づちですよね💡
 
平坦に言うと「あ、そうなんだ」ですが、
眉間にシワを寄せて is にアクセントをおくと
「え~、そ~な~ん⁉🤨」とちょっと疑っているカンジになります。
顔もジェスチャーも、リアクション大きめに言うと、
「え‼ そうなんだ⁉😲」とビックリしているカンジになります😊
そして、he の他に、
She is an astronaut. 「彼女宇宙飛行士なんだよ」→ Is she?
It's a new hat. 「これ、新しい帽子なんだ」 → Is it?  なども。

こちらは「高校講座 ベーシック英語」から。
今更ですが、英語は日本語の文法とは語順が違います。
 
基本的に主語・動詞・目的語の順番になるんですね😉
そして主語が He/She 「彼・彼女」の場合は、
 
動詞に s がつきます。
have「持っている」の場合は特殊で has に変わります💡
その動詞の活用法ですが、

全ての動詞には、原形過去形過去分詞形があります。
過去形過去分詞形が同じもの
原形過去分詞形が同じもの
原形過去形過去分詞形が全て同じもの
原形過去形過去分詞形が全て違うもの
の4タイプがあるので、覚えるのが結構シンドイです💦


「美味しい」の言い方です。
ネイティブは意外と delicious は頻繁には使いません。
この他にも It's good. / Good. / It's amazing.
など、わりとシンプル表現を使うことが多いです。

そしてコチラは「高校講座 コミュニケーション英語Ⅰ」から。
以前に can の使い方をご紹介しましたが、
今一度おさらいを😊
 

 
外国人に対して「梅干し食べれる?」=「食べることができる?」
と聞きたいとき、「できる」の can を使うと、
ちょっとニュアンスが違ってくるんですね💦
なのでその場合は、Do you eat umeboshi? と聞いてみましょう😉
そして、日本国内でも海外でも、日本語を話している(カタコトでも)外国人に
Can you speak Japanese? と聞くのはちょっと失礼な感じになります。
なので、

このように聞いてみましょう😊

 
先週は関係代名詞の which の使い方をご紹介しましたが、
今回は who です。
こちらも「誰?」と聞いているのはでなく、
「人」を説明するときに補足として使います。
例えば駅構内で、「あの男性見て」だけではどの男性なのかわかりません。
Look at the man who is reading a book on the bench.
「ベンチで本を読んでいる、あの男性を見て」
だと1回で通じますよね😉
文法的にはちょっと難しいですが、便利な表現です✨

こちらは「キソ英語を学んでみたら世界とつながった」から。
今回の舞台はケニア🌍
 


学校の授業は英語で行われるそうです。
ところでみなさんは曜日を全て、英語で言えますか?

言うのはOKでも、全部のスペルを覚えるのは結構大変💧
さて、ケニアの男の子は放課後、何をしているのかな🤔
 
「~曜日には何するの?」の尋ね方ですね。
曜日には必ず s をつけ、その曜日の前には on を入れます。
動詞は have を使います。
 


comic という単語もありますが、manga「漫画」は
今や英語にもなっているんですね‼
そして日本の漫画やアニメは世界中でも大人気です😊
なので、どこの国の人ともこの話題で友達になれそうですネ✨

最後は「エイゴビート」から。
 
このときの close は、「閉める」(クローズ)の意味ではなく、
「近い」の意味になります。
so をつけると「超~近い!」ですかね😄
ちなみに発音は「クロー」です☝
混乱にご注意!

twitter はこちらから。
facebook はこちらから。

さて、松原町英語英会話教室の本日のレッスンは、
英会話コースの小学生クラスが2コマ、
大人クラス、そして高校生クラスです!!
今日も頑張ります! 😉

-お知らせ, 講師のひとこと

Copyright© まつばら町英語英会話教室 , 2021 All Rights Reserved.